花嫁の右側に手渡した。

それについて教えてもらえますか?

颯真は彼の目の前で書道を見ていましたが、誰かがやってくるのを感じて彼を見ていましたそれが咲希であることを確認した後、颯真は展覧会の主人公を興奮させ始めました。颯真がアイドルがとても強力であると言ったと聞いたとき、咲希の心はそれが偽物であると言いました!しかし、私が颯真がそのようなことを彼と共有したいと思ったとき、咲希の心は少しの喜びで満たされました!

颯真は彼にそのようなことを伝えても構わないと思っています、それは彼らの関係の深さを表すとも考えられるべきです、それは彼の進歩です!
「西武さんに会えたら大丈夫!それが私のアイドルです!彼の書道はすごい!」

円を読んだ後、蘇家は彼の心にいくらか嫌がりがあるように見えます、そして、彼がここで結婚相手のを取るのを待つことができないように、彼はこの展覧会の場所を去るつもりはありません。しかし、彼女の心の中では、彼女のアイドルである愛梨氏がもっと賞賛に値する。唐結衣は前に考えていなかった、しかし唐結衣だけではなく、多くの人々は颯真のような女の子、最も称賛されることは大スターでも歌手でも、ファッションデザイナーでもないと考えてはいけない。代わりに、それは伝統的な書道の達人です!
咲希がこれを知っていたとき、彼は少し驚きました、しかしそれから彼はこの分野で多くの知識を補うために行きました。同じように、颯真のアイドルのために、彼は当然多くの理解をしました!
「じゃあ、アイドルさん、愛梨さんに会いたいですか?」
咲希は颯真を見て、この文を終えた後、彼が彼女に少しの反応も見逃したくなかったかのように、颯真をじっと見つめて尋ねました。私は確かにしたい!アイドルに会いたくない!しかし、氏愛梨はとても良いです!

ねえ、しかしどのようにあなたは突然そのような文を言うことができる、それは琉生の条件付き反射の後、それはされないでしょう、彼はすぐに氏愛梨がそんなに良くないだろうことに気づいた、彼女はそれを見たいです。彼の目はしぶしぶと書道の最上部から咲希の顔に移り、彼の顔は徐々に驚くような表情を見せた。咲希は話さず、ただ肩をすくめて颯真を笑顔で見た。
「この表現はどういう意味ですか?あなたはあなたではないはずです、本当に偽物です!」

颯真は咲希のことを信じずに見て、咲希の言葉をさりげなく言っていたと思いましたが、咲希の表現を見たとき、私の心の中の考えが再び現れました気まずいことのようです!そうではありません、それは本当に彼女が考えているものです!唐結衣は本当に彼女に結婚相手の.愛梨を見せることができますか?この可能性が本当なら、琉生は確かに非常に興奮するでしょう!結婚相手の.愛梨は長年彼女のアイドルです!アイドルの前に立つことができて、私はどれだけの人がそれを要求することができないかわかりません!

 

彼らの人生の大部分における彼らの闘争の原因でもあります!

しかし、咲希は彼女のせいで、彼女はそのようなことをするのだろうか?琉生は確かにそう単純ではありません!たとえそれが唐家界の家族歴であっても、氏愛梨との接触がなければ、それを見たいのならそれを見ることは不可能です!さらに、咲希は結婚相手の家族の子孫であり、結婚相手の家族の後継者ではありません。それで、咲希がそれが本当であると言ったならば、それから彼は確かにどれくらいの考えがそれに費やしたかについてわかりません!
「私たちがもう行かないのなら行こう、あなたが結婚相手の.愛梨を欠場にしたのなら、あなたは泣かないで!」

あ、行って行け!

この質問に絡まった咲希と比べると、颯真はむしろ愛梨氏に会いに行くでしょう!
結局のところ、そのような機会のために氏愛梨を参照してください、そして咲希は問題に巻き込まれました、そしてあなたはいつでもそれをすることができます!
「それは穏やかで落ち着いている、あなたは知っている、あなたは偶像を見に行く!偶像の前でそんなに興奮してはいけない!あなたは偶像を見下ろさせたくない!」
咲希が言うとすぐに、彼は琉生が落ち着いて咲希の言葉を聞くのを助けるように琉生の背中を軽くたたき、颯真は突然目を開けてうなずいた後、深呼吸を始めた。
唐紫海は正しいです、彼女は今見たいのですが、アイドルの前で、何年もの間彼女のアイドルは、それほど恥ずべきことができません!何が関係しても、また行く準備をしなさい!


小さな女の子、あなたは私を探していますか?しばらくして、彼が彼の感情を静めた後、颯真は咲希を見ました。

「どうやって、もっと良くなったの?ああ、あなたは言った、私はトイレを片付けに行きますか、失礼ですか?」
颯真の顔を見て、私は悪い外観があるのではないかと心配していましたが、咲希は突然颯真のようなものを持っていました。そしてこの考え-彼の心の中で、咲希は助けることができないがいくらかのかゆみをすることができます!もし今なら、颯真は本当に彼の両親と一緒に会いに行きたいと思っています。颯真が両親に会いたいと思っているなら、颯真は彼の気持ちを完全に受け入れていると言わなければなりません!

花嫁の声を聞き彼女をちらっと見た。

信じられないほどの答えさえ彼女の心に浮かんできましたが
「ああ、何が悪いの?どうして話せない、本当に問題ないの?ああ、いや、それは私がトイレに行かなければならないようです、あなたはしばらく私を待っています!」
颯真が終わった後、彼はバスルームに急ぐことを計画しました彼女はそれに精通していなかったし、バスルームがどこにあるのかわからなかったが、走り回って人々に尋ねることは難しくありませんでした。しかし、颯真は一歩踏み出したところで、咲希にドラッグされました。
「ああ、あなたは私と一緒に何をしています、私は時間がありません!」
颯真は咲希に引っ張られ、咲希を心配して見て止まることしかできなかった。
「さて、それほど誇張されているわけではありません。今は元気そうに見えます。彼に会いに行っても、問題はありません。」

咲希が言うとすぐに、彼は颯真のために髪も手配しました。颯真は彼が以前一緒にいた女の子とは全く違いますが、彼は彼の家族とほとんど同じです!どちらも平日にはそれほど重い化粧をしないでしょうし、せいぜい必要なときにしか適切な化粧をしないでしょう。今と同じように、颯真はこのようなものです。過去には、おそらく咲希はそのような人に注意を払わなかったが、彼にとっては今ではそうなっており、そして重い化粧をしている人たちは彼にはまったく見られないだろう!

現在の琉生は彼の意見では、それはすでに非常に良いです!たとえあなたがアイドルを見たいと思っても、あなたは失礼になることは決してないでしょう!
「ああ、あなたは私にうそをついていませんでした、あなたは本当にできますか?それとも、私はそれを整理するためにトイレに行きます!」
颯真は彼が再び好転することを計画していると言った、それは彼が咲希が今言ったことに自信がなかったように思われる。
「さもなければ、そうでなければ、あなたは私をあなたの鏡として扱うでしょう。私はそれをあなたに見せるでしょうから、あなたは安心されるべきです!」

颯真の発疹の外観を見てください、咲希はどのように彼女をこのように走らせますか?颯真がここで危険に遭遇しなくても、彼はそうしないでしょう!
「量は、それからあなたは私に見せることができます、何か悪いことはありますか?」


信じられないほどの答えさえ彼女の心に浮かんできましたが 婚約指輪を値切る そして彼は彼の心の中でこの生活を楽しんだ。

4月 16, 2018

タグ: ,