結婚相手はクラブハウスからクラブハウスに連れて行かれたが

花嫁の前で受けるかを考える限り男は

しかし、蘇家の家を出て自宅に戻った後でも、唐紫海の内面の興奮はまだ長い間落ち着くことができず、たとえ彼がベッドに横たわっていても、まだ内面の興奮を止めることはできません。しばらくしても、私は唇に触れてまだ存在している颯真の息を感じます!しかし、咲希が去る前に、建物の方を向いた颯真は良い場所を持っていませんでした!もともとそのようなことに遭遇した、琉生は颯太に憤慨している必要がありますが、おそらくそれは本当に彼の頭を傷つけており、帰国後、颯太に失望している、蘇嘉もそうではありません颯太のせいで悲しい!
さらに、彼女は颯太ではなく咲希についてもっと考えています!私が彼女について考える前に、私はどうやって私をばかにするのかわからず、咲希にキスをしました!たとえそれがもっと颯太を死なせることであっても、実際には、颯真はその時にキスをしてすぐに離れることができます!しかし、私はそれが幽霊なのか悪いことなのかわからないので、颯真は長い間咲希にキスをしていましたが、手放すことはしませんでした!今まで、長い間シーンから離れていたとしても、咲希がもう彼女の周りにいなくても、当時の気持ちから颯真の頬はまだ赤くなっています!

彼女は実際に、とても積極的に咲希にキスしました!さらに、彼女は唐紫海のキスを嫌っているようには見えません!それを数えて、これは彼女の最初のキスになるはずです!もちろん、琉生は彼女と咲希の間で、これはもはや最初のキスではないことを知りませんでした!たとえそれが颯太にとってそれほど長い時間であったとしても、颯真と婚約者の結衣の間のそのような近い動きは決してありませんでした!ほとんどの時間、琉生は颯太に満足していた、颯太はイニシアチブを取ったことはない、琉生は当然颯太を作るためにイニシアチブを取ることを敢えてしなかった!颯真は常に彼の最初のキスは颯太のものでなければならないと考えていましたが、彼は偶然の一致を期待していませんでしたが、それは咲希に与えられました!しかし、琉生はまったく後悔していませんでした!彼女の婚約者の結衣の仕事は、すでに颯真の心を壊しました!
颯真は、咲希が彼女と一緒にいることを喜んでいます。無意識のうちに、颯真は突然彼女が咲希がいつ始まったのか知らなかったことを発見しました、そしてそのような深い依存をしました!それは、咲希しかいないので、心配する必要はありません。
今、彼女は咲希の仲間を持っています、そして婚約者の結衣が彼女にもたらした苦痛はそれほど苦痛にならなかったようです!

は長い間寝ていました、蘇嘉友は眠りに落ちませんでした、唐紫海と朱紫海の顔は重なっていて、彼女の心の中に現れました。私が颯太について考えると、颯真の感情は必然的に少し低くなるでしょうが、咲希の彼の考えを反映した後、颯真の気分は良くなっているようです!彼女は、咲希に対して異なる感覚を持っているようです!しかし、颯真は、彼が咲希の感情を好むかどうか確信が持てません。

 

婚約者の女は突然男を赤面的に見て

颯太の出来事を経験した後、颯真はすでに彼の気持ちを疑っています!もともと、彼女は確かに短期間で他の人を好きにはなれないと思いました!しかし、唐紫海が登場!しかし、それは唐結衣が彼女にとってあまりにも良いという理由で、琉生は唐結衣に対する彼の気持ちを心配し始めた、それは何ですか!それが単に感謝のためであるならば、それは唐紫海にとってあまりにも不公平です!琉生は唐結衣の彼のために良いを返すためにそのような不公平を使用したくありません!しかし、彼女は自分が望む答えを誰に与えることができるのかわからない!
このようにして、あらゆる種類の考えが颯真の心の中で渦巻いていました、そして最終的にさえ、彼女は彼女が実際にいつ寝たのか知りません!しかし、昨夜私がついに眠ったにもかかわらず、颯真は朝早く起きました!私は今夜あまり眠らなかったのですが、この短い眠りの時間で、蘇嘉友もまた長い夢を見ました!夢の中で、颯太は再び彼女を傷つけました!
しかし、同じことは、彼女が颯太に困っていたときでも、咲希が彼女を保護し、彼女に付き添って彼女のところにやって来たということで、咲希も一緒にいたかったのです!夢の中で、唐紫海とのキスがありました、しかし夢の中で、彼女にキスをしたのは唐紫海ではありませんでした、しかし彼女は唐紫海にキスされました!さらに、夢の中のキスは唐子海の水上での昨日のキスをはるかに超えています彼女が今目を覚ましていても、颯真は彼女の夢の中のキスを考えても、彼女はまだ赤面するしかないのです!

彼女、彼女は実際にそのような夢を見た!どうして彼女はそのような夢を作ることができたのでしょう。キス以外には、他に過度な行動はありませんが、これは颯真にとって非常に特別な行動です。私は立ち上がって私の顔を洗った、そして颯真は彼女が再びこの夢について考えないだろうと思った!しかし、役に立ちません。
夢の中のシーンはまだ出ていない、そして昨夜のシーンといくつかさえ重なっているので、颯真には、どれが実際に起こったのか、そしてどれが彼女の夢の中に現れたのかさえわからないいくつかのポイントがある。幸いなことに、今日は週末です、仕事に行く必要はありません、あるいは颯真の現在の状態では、それはあなたが会社に行っても、あなたは他に何もできないと推定されます!あなたがやっとそれをやるとしても、私はそれがたくさんの間違いになることを恐れています!
片付けた後、颯真の脳がようやく目覚めましたが、彼女が朝食をとる直前に冷蔵庫には何もないことがわかりました。もともと、昨日株を追加するべきですが、昨日はたくさんのことが起こったと思っていたでしょう。颯真がそれを考えた後、彼は自分の携帯電話と財布を持ってきて何かを買いに出かけようとしました。

しかし、颯真はちょうど階下に行っていた、そして外に数歩歩いていなかった、彼は彼の前に駐車した車をまっすぐ見て、同じ場所にひざまずいていました!琉生は当然車に不慣れではない、結局のところ、彼女はちょうど昨日座った!それは明らかに咲希の車です!まさに、なぜ朝早くからここに咲希の車が現れるのですか。


結婚式の準備段階でも次の

二人ともニーズを持っていますがもちろん、あなたはもっと重要ですまさに、なぜ朝早くからここに咲希の車が現れるのですか。咲希が一晩中戻ってこなかったのではないでしょうか。この考えが蘇嘉の心に現れたとき、彼女はやめた!彼女は昨夜恥ずかしがり屋だった、そして彼女は一言を言った後に向きを変えて去った。
唐紫海が最後に残っているかどうか私は確認していません!このように考えても、咲希は本当に一晩中退席しないのではないでしょうか。颯真がちょうどそれを考えたとき、彼は突然彼の前の車のドアがゆっくり開いているのを見ました唐結衣は車から出て彼女のまっすぐに見ました!今度は、颯真はもはや立ち上がることができず、咲希の正面にまっすぐ進み、咲希を彼の心の中で見た後に生じた内気を気にすることができず、心配して尋ねた。

「どうしてあなたはこの時点でここにいるのでしょう、あなたは一晩中戻ってはいけませんか?」
唐結衣は本当に答えた場合、琉生は本当に何を言うべきかわからない!なに?結局のところ、唐結衣は彼女のためにこれを行います!咲希が颯真を見た瞬間、彼の目は颯真から0.5ポイントを削除する方法がないようでした。

彼は一晩中眠りにつくことはなかった、結局彼は起き上がってから早い時間にここを運転して颯真の窓を見ましたが、颯真が見えなくても、彼女は自分の身近にいることを知りました。場所、私の心の中の感覚は完全に違うようです!しかし、颯真が階下にやって来るのを見た瞬間、咲希の心は穏やかではないようでした!叫んでいっぱい!彼は彼女が恋しい!彼は彼女に会いたい!それで彼はとても早くやって来るでしょう、そして彼が来た後、彼は彼女を気にしませんでした。

どうして話そう、寒いの?
颯真は咲希を見たことがありませんでした。咲希が本当にここに泊まり、一晩も戻ってこなかったとしても、たとえ彼が車の中でエアコンをつけることができたとしても、夜は少し寒いでしょう。この人、なんてこんなにバカなんだろう!颯真が自分の言葉を心配していると聞いたとき、咲希は自分自身をもう手助けすることができず、颯真を腕に抱いて他の人に奪われるのを恐れてそれをしっかりと握った。一般!ああ!颯真は、咲希が突然そのようなことをすることを予想していませんでした。しかし、それはほお紅に変わりました。


二人ともニーズを持っていますが あなたは少なくとも唐家族の状況が解決されるまで待つべきです! 彼女は新郎の出来事を主張できなかった。

4月 16, 2018

タグ: ,