結婚相手がどこに行ったのか見ていませんでした!

長い間それを扱っていませんでした


「実際には、最初は本当にそのような考えを持っていました。このようなことを知った後、あなたは怒っているのではないかと思ったのです。」
咲希の文は真実であり、彼はその後非常に満足しています。颯真は、咲希が言ったことは真実だと信じていますが、咲希の言葉を信じていても、前の質問にはまだ答えられていません。

それでは、

私は2番目です。
あなたは2人ですか?あなたは悠真と言いますか?

唐家界の意味、それは彼が知っているものではないだろう、それは女の口から知られていますか?それはどのように可能ですか、女と彼女の関係はどうですか、彼女はどのように彼女を裏切ることができますか?たとえ彼女が咲希の苦労に耐えられず、咲希がそのような感情を持っていたことを知って咲希に語ったとしても、女はどうして彼女に来られなかったのでしょうか。
「ええ、私はあなたが非常に奇妙に感じることを知っています。あなたが私があなたを好きであることをあなたが知っているなら、あなたは正しいと言うことはできませんか?」
颯真は咲希を見てうなずいたが、結局のところ、彼女は彼女と女の関係を疑うことは決してなかった。の!
「実は、私は第二に真実を語りませんでした!」

ああ、どうしたの?

女の知識で、颯真は咲希が彼をだまされる可能性があるほど愚かになるとは信じていませんでした。もちろん、女周辺のより経験豊富な男も同様です。咲希が女の前で本当にいい顔を見つけられるとしても、男と比較することは不可能です。

「私は誤ってあなたを怒らせ、あなたに謝罪したいと言ったので、私は彼女に私に言いました!そして私は彼女にそれをあなたに開示しないようにしましょう。忙しい、私はそれを忘れるだろうと思います!」


あなたは本当に同意しますか?
「私は誤ってあなたを怒らせ、あなたに謝罪したいと言ったので、私は彼女に私に言いました!そして私は彼女にそれをあなたに開示しないようにしましょう。忙しい、私はそれを忘れるだろうと思います!」

 

結婚式の後夏

咲希の心は女の助けに本当に感謝しています!実際、咲希はまだ彼の心にかすかな感情を抱いています女はすでに颯真についての彼の考えを既に期待しています!そうでなければ、どうやってこんなに詳細な方法でたくさんの質問に答えることができるでしょう!しかし、もし彼の推測が本当なら、女は彼と颯真について実際に非常に楽観的であるということでしょうか?そうでなければ、どのようにそれは彼がこのように役立つことができます!この可能性を考えて、咲希の心は興奮のバーストです!あなたが本当に女のサポートを受けることができれば、それから彼は本当に神を助けることができます!
あなたは女が颯真の親友であることを知っていなければなりません、そして女の意見は確かに颯真に一定の影響を与えるでしょう!女が彼を助けることができなくても、少なくとも、それは彼と颯真の間の邪魔にはならないでしょう!

それは本当ですか?
琉生にそのような疑問を抱かせないでください!この咲希の言い訳は少しひどすぎるのでしょうか、そして女は実際に信じていますか?
「本当に、それは本物の金より本当です!」
唐結衣は、彼が琉生に誓うためにジェスチャーをしている間でさえ、彼はナンセンスを話さなかった、それが本当であるので、彼が彼に何かをさせないかどうかは関係ありません!颯真は咲希の外見を見ましたが、それはランダムに話すのとは異なり、最初はうなずくことしかできませんでした。彼女がその後新しい質問をどのように見つけるかに関しては、それが次のことです!
「さて、今日はこのように私を探しています。関係ないのですか。ビジネスについてはどうですか。」

颯真の見解では、咲希が今日そのような動きをする理由は、間違いなく昨日のイベントの影響によるものです!しかし、私が昨夜起こったことを思い出した途端に、颯真の頬は助けにはならず赤と赤になることができませんでした。いくつかのこと、それは本当に起こっている、それはあなたの心に刻み込まれているようなものです、あなたはいつでも、どこでもそれについて考えることができます!
「もちろん問題ではありません。拓真、昨日約束したことを忘れていましたか。」
彼女は昨日咲希に同意しましたか?彼女はどうやって何かを覚えているようです!

唐子が琉生を見たが、これは明らかに非常に徹底的に忘れられていたパターンである。
「あなたは昨日私に約束した、そして今日は私自身のものです!」

明らかに男のために変わった感じを持っています

彼女は新郎の出来事を主張できなかった。私が咲希がこれを言うのを聞いたとき、颯真は彼女が昨日結婚相手の.愛梨から出たとき、咲希が本当にそのようなことを言ったことをついに思い出しました、そして、彼女はそれに同意しました!夕方には颯太のようなものがあったということです、そしてそれは本当に颯真にそれをほとんど忘れさせました!昨夜を過ぎてから、咲希に言われてから少し意味があると言われたようです。それはなんですか、彼女はこの日自分のものです!咲希がこれを言ったとき、颯真の恥ずかしさはかなり深まったようです!過去には、颯真は、彼が実際にとても恥ずかしがり屋の人であることを本当に知りませんでした!颯太の前でさえ、彼女はこのように見せませんでした!

結局、結婚相手のと結衣の間では、彼女は常にアクティブな人でしたが、彼女が恥ずかしがり屋であると、彼女は当惑します、私は主導権を握る人が誰もいないのです!しかし、もし女が今ここにいて、そして彼の心の中で颯真の考えを知っているならば!咲希へのサポートに間もなく投票する予定です。結局のところ、女性を恥ずかしがり屋にすることができるということは、彼女が本当に払うに値するものです!
女は颯真が告白することを提案するでしょう、しかし彼は颯真が彼自身の秘密の愛をなめ続けることを望みませんでした、そして、進歩はありませんでした!それは颯太と一緒にすることも一緒にすることもできないにせよ、彼女はただ颯真に結果を出したいと思っています!琉生はそのような結果が必要です、彼女は彼女自身の感情的な世界に住むことができません!失敗したとしても、決して踏み出さないよりはましです。そうであれば、颯太はもちろんのこと、将来、だれも彼女の心の中に入ることができなくなることを恐れています!したがって、彼女の心の障壁を破って颯太を入れたほうがよいでしょう。当然、颯太にその資格がなくなった後、彼は他の人に入る機会を持たせるでしょう!


彼女は新郎の出来事を主張できなかった。 結婚相手はクラブハウスからクラブハウスに連れて行かれたが 結婚相手はクラブハウスからクラブハウスに連れて行かれたが

6月 15, 2018

タグ: ,