拓真は非常に不幸ですが

花嫁の意図を理解し彼の心に触れました。

颯真が神に戻ったとき、彼は彼が咲希に連れて行かれてモールに入ったことを知りました!実際、私がショッピングモールに来たとき、咲希はそのような経験をしていませんでした!唐結衣は常に颯真を保護するために覚えている、彼の周りの人々に触れられないでください!当初、咲希氏はまだ彼の心に唾を吐いていましたが、なぜこのような人が実際にこのデート方法を好むのでしょうか?周りにあまりにも多くの人がいるとは思いません。しかし、すぐに、咲希はこのデート方法の不思議を実感しました!行き来する人はたくさんいますが、彼らを横に見ている人はたくさんいます!
しかし、いくつかの強い視線を受け取った後、咲希はそれらを見たこれらの目はほとんどうらやましいほど嫌いであることに気づきました!それでも、彼はかすかに誰かがそばにささやくのを聞いた。
「見て、向こうの2人はいいね!男はとてもハンサムだ、女はきれい、鍵は男が彼女のために本当にいいということ!」
彼らの言葉を指摘した人たちは、唐紫海の非常にハンサムな言葉を賞賛し、唐紫海はあまり反応がありませんでしたが、男性、彼のガールフレンドのための良い言葉は、唐紫海がそれを使用させます!
彼女!それは彼の周りの人々は琉生はすでに彼のガールフレンドだったように見えたことがわかりました!さらに、誰もが彼らは非常に適していると思うようです!この種の言葉は、唐結衣音を聞かせて、それは単にあまりにも幸せではありません!たとえ彼が颯真と一緒にそのような場所に留まりたがっているので、私はそれを聞くのにうんざりしていません!

唐家界との反応は完全に異なり、蘇家龍は周りの人々に自然に耳を傾けたが、彼女が来たとき、彼女は唐家界のように興奮していなかった。これらの人々は大胆すぎて、彼女と咲希はまだそこにいます、そして彼らはこのように話し始めます!たとえ彼らが何かについて話をしたいとしても、他の人はそれを制御することはできませんが、主人公が去るまで待ってからそのような束縛されていない議論を始めることができません!

あれ、行こう
琉生はこの時点で二人の男の状況に非常に恥ずかしいと感じましたそれは彼女と咲希がその関係にないことは明らかです!周りのこれらの人々の反応はそれほど誇張されていません!
私は私の周りの人々の考えを止めることができないので、颯真ができる唯一のことはできるだけ早くここに立ち去ることです!咲希が映画を観ることを選んだので、彼女は咲希の要求を以前に約束したので、咲希の熱意を払拭するのは良くないことは当然です!結局のところ、映画を見ることは本当にやり過ぎではありません!彼女がこれさえ拒否した場合、咲希は本当に悲しいと推定され、私は怒るのではないかと心配です!また、現在の琉生、私は本当に唐結衣のようなことを言うことができないことを恐れています!咲希はここに滞在するのを待つことができませんでしたが、颯真の要求は無視できず、彼は颯真を彼らの旅行の目的地、映画館に連れて行くことしかできませんでした!

 

彼女が言ったほど有用ではありません!

颯真は昔から映画館にやって来ましたが、今回は咲希が彼女を連れてきて以来、取り決められるべきことは咲希の取り決めを見ることです!しかし、彼女は咲希を誤解し、咲希は確かに映画を見ました、しかし彼女は映画を見るためのそのような騒々しい場所を見ていませんでした、そしてチケットを買うためにこのようなことをしませんでした!
しかし、彼は今度はまだ平均的な人のデートモデルに従う必要があるので、たとえあなたがチケットを購入したとしても、あなたはそれをあなた自身でやらなければなりません!しかし、映画に行き、彼の前で観客を見た後、咲希は本当に厄介でした!映画を観るためにチケットを買うべきですか、そしてどこで買うべきチケットですか?目の前にいる多くの人にとって、彼がここでそのような長いチームのリズムをランク付けすることは必要ですか?咲希は突然崩壊したと感じたので、そうであることがわかっている場合は、事前に映画のチケットを準備してもらう必要があります。

「何が問題なのですか。問題は何ですか?」
颯真は、咲希が動いていなかったこと、そして彼の顔がやや見苦しいように見えたことを見ました。
金額は、何もない
もちろん、咲希は颯真の前で何かを言っても構わないと思っています。正面を見た後、咲希は直接人数の少ないチームを探しに行きました。颯真は咲希のチームの後ろを見て黙って彼を見ましたそれを考えた後、彼はまだ咲希に向かって歩きました。
「それで、あなたはすでに映画のチケットを前もってオンラインで購入しましたか?」
。咲希は、颯真はここで人々を見るのには不幸だと思い、すぐに颯真を見ました。

「心配しないで、チケットを買うよ。ここにいる人が気に入らなければ、ここに行って私を待ってもいいです!」

咲希は彼が反対側の喫茶店を指差しながら颯真の笑顔と笑顔を見ながら言った。琉生は黙って咲希を見ました、しかし最終的に我慢することができませんでした!重要なのは、もし彼女が何も言わなかったら、咲希が長い間無駄な仕事をしていることを私は恐れているということです!
「それは、実際には、ここに並ぶ人々がオンラインでチケットを購入したようだと言いたいのです。」

さもなければ、明らかに何人の人が並ぶでしょう!その場でチケット購入を見て、ダメなのを見られるように手配されています!誰が咲希に映画鑑賞のより良い経験をしてもらい、良いものを選ぶように頼みました。私が颯真の言葉を聞いたとき、咲希の息子は本当に少し驚きました、そして彼の顔の外観さえそれほど美しくはありませんでした!さらに、彼は颯真に解任されたかどうか、彼はいくつかの気持ちを持っています!そのようなことでさえうまくやることはできず、そのような小さなことでさえアレンジすることはできません!琉生は彼が非常に信頼性が低く、信頼に値するとは思わないと思いますか!


結婚したいと思っています!

または彼は直接新郎に追い払うことができますが最後に、私は興奮しています。しかし、彼は本当にこんな感じではありません!彼はここでチケットを購入していないのです。
「あれ、それから私はそこに並ぶよ!」
長い線の反対側を見ると、咲希も非常に絡まっています。たとえ彼が一生懸命感じていなくても、このチームは非常に長いです、いつそれが配置されるべきですか?彼は並んだ退屈なことに颯真との彼の最初の正式な日程の大部分を費やすことを望んでいませんでした!しかし、人々が映画のチケットに責任を負うようになった場合、それは少し恥ずかしすぎるように思えます…時間、唐紫海は実際に絡み合い始めました!彼はそのようなことを彼に心配するように頼んだことは一度もなかったが、2枚の映画のチケットのために、彼は奮闘し始めた!

「実際には、オンラインでチケットを購入することもできます。」
颯真が咲希のもつれた顔を見た後、彼は微笑んで言った。理由はわかりませんが、咲希は多少恥ずかしいようですが、彼はそれがかなり可愛いと考えています。
「ああ?オンラインでチケットを買う?」
咲希は流行の最前線にいるファッショニスタですが、彼は映画のチケットをオンラインで購入するために何もしたことがありません。
「または、あなたは最初にここに並び続けるでしょう、私にそれを買わせてください」

颯真は咲希が並んでいたことをチームに指摘しましたが、このチームの長さからすると、彼女がチケットを購入したとき、チケットを集めるのはほとんど咲希の順番になると推定されます。
「それはうまくいかない、出て行こう、どうすればチケットを買えるの?」
誰が彼の咲希です、彼らが映画を見るために出てくるとき、どのように彼はまだ女の子にチケットを買わせることができますか。

「グループ購入アプリまたは携帯電話で映画のチケットを購入するためのアプリはありますか?」
いいえ!どうやって彼はこの種のものを彼の携帯電話にインストールすることができますか?咲希の答えは聞こえませんでしたが、咲希の顔がぎこちなく見えるのを見ましたが、颯真はそれを推測しました!

ああ、そうだ、私に来て!

ああ、いや、それは言えないよ

何をしたいの?映画を見ないで。

もちろん、映画を見なさい

もちろん、映画は見に行くだろう!これは日付の最も重要な部分です!どうして私はそれを見逃すことができます!彼が暗い映画館に座っていると思ったとすぐに、彼と颯真は隣同士に座っていました、彼は黙って颯真を見つめていました、そして、問題はありませんでした!
それで、買おう!

彼は自分の携帯電話を取り出して、アプリを開く準備をしていたので、颯真は言った。待って!咲希は、颯真の手を差し伸べて、その動きを止め、さらに颯真の手から彼女の携帯電話を取り出した。
「実際にはもっと良い方法があります。あなたはどのアプリをダウンロードしますか、そして購入方法を教えてください。」
この場合、問題ないはずです。問題は解決しましたが、少なくとも、映画のチケットはまだ彼が買ったものです。


または彼は直接新郎に追い払うことができますが 結婚はもう少し早く始まったけれど 新郎愛をまっすぐ見ていましたが

9月 1, 2018

タグ: ,