二人ともニーズを持っていますが

単純な心の病棟に入った


量、今日何したい?
私は彼が望むことをやろうとは思わない、彼女は私と一緒にいなければならない!彼女にふさわしくないものがある場合、彼女が彼女に同行しなければならないことを確認するのは難しいです!
「心配しないでください、それはあなたが気分を悪くさせることはありません!」
咲希は颯真にとってどのように扱いにくいのでしょうか。彼は今恥ずかしい気がしていて訴訟を起こす気がない。これが咲希が言ったことであり、颯真はそれを信じています!彼女が咲希に会ったことがあるならば、彼女は咲希に少しの自信も持っていないかもしれません、しかし咲希と多くの時間を費やした後、彼女は咲希についてもっと知り、同時に信頼します。当然もっと深く!

彼女は咲希が彼女を傷つけないと信じています!しかし、昨日のイベントを経験した後、琉生はやや不確実であり、そして彼女は咲希と共に快適に滞在することができませんでした!
いいね
咲希の顔を見て、颯真はついに彼を拒絶することに耐えることができませんでした!実は、颯真自身でさえ多少好奇心旺盛で、咲希は彼が今日行っていることをやるつもりです!実際、咲希はすでに今日やることを準備していましたが、昨日のイベントを経験した後、彼の考えは変わりました!今日、一日中、彼は颯真と一緒にいること、そして颯真だけと一緒にいることを望んでいます!他の誰も彼とは関係がないでしょう!この日、彼の世界では、颯真だけが一人です!もちろん、彼は颯真の世界で、今日この日、彼だけが一人でいることを望みます!
約束した?本当に?

咲希はもともと颯真が彼を拒絶するかもしれない、あるいは少なくとも彼は当惑するだろうと考えていたが、彼は颯真が躊躇せずにそう簡単に約束することを期待していなかった!驚きの瞬間、唐結衣は直接尋ねることができ、顔は素晴らしいです!琉生はそのような咲希を見ました、そして突然助けができず笑うことを望みませんでした。こんなに一般的なことで咲希がこのように興奮するように、彼女は以前咲希に厳しすぎましたか。


それは彼女が考えたことではないでしょう。
「私はあなたに嘘をついたことがありますか?」
琉生は咲希を見ました、そして、彼のスピーチのトーンさえはるかに穏やかになりました。咲希は颯真を見て首を横に振った。彼女が言ったことに関係なく、彼は絶対に疑いの余地がないと信じているでしょう!
「じゃあ、今日やろうとしていることを教えてくれ」
咲希はまた首を横に振ったが、それを前もって言っていたとしても驚きはないだろう。
颯真はがっかりして自慢し、彼が咲希の口から出ることができると思っていました。咲希が最後にとても驚いた時、彼女は再び彼女を驚かせるでしょう、そして彼女は彼女に彼女に愛梨さんを見させるでしょう!その時、それは前回よりも楽しいことではないでしょう!このように考えて、颯真はすでに咲希の取り決めを楽しみにしています!

 

花嫁の家族だけが彼ではないとしても

颯真の外観を見て、咲希も笑った!この世界で最も喜ばしいことは、おそらくあなたの心が人々に感じられるということです!彼が颯真を幸せにすることができることをする限り、それから彼がどれくらい過ごすべきであると考えたとしても、それは大丈夫です!朝食を食べた後、咲希は颯真に家に帰って着替えをしましたが、結局、颯真は元々午前中に何か買うつもりだったので、カジュアルな服を着て、咲希と出かけました。あなたの服を着替えなさい!
咲希はあまり気にしていませんでした、しかし、彼が颯真の要求を見たとき、彼は自然に他の意見がありませんでした!しかし、颯真が彼の服を着替えたのを見た後、咲希は本当に彼が心配していないことを後悔している!あなたが彼にもう一度選択させれば、彼は間違いなく自宅で服を着替えるために颯真に同意するでしょう!彼は颯真の状況にかかわらず、颯真に対する自分の気持ちを見つけましたが、彼は颯真が単に世界で最も美しい女性であると感じます!
しかし、少し服を着ていた琉生を見た後、唐結衣はちょうど言いたいです!最も美しい女性でも、自分をより美しくすることができます。二階から階下に向かって唐紫海に行った琉生は、彼が唐紫海の視線を見たときに内気を感じ始めました。彼女は着替えをしたかっただけなのです!結果として、私は幽霊が長い間服を選んだ方法を知りません!そして着替え後、ちょっとした軽い化粧でも!

結局のところ、颯真は突然、彼女が何かをしたことに気付きました!初デートをした女の子たちはどうですか。私はあまりにも多くの時間を費やしました、彼女が今減速するか、彼女の顔の上の化粧を除去したいと思うならば、私はそれがより多くの時間がかかることを恐れています!

まだ下で待っている咲希について考えて、颯真はついにあきらめた、それでは続けよう!その結果、私が階下に行ったとき、私は咲希が輝いているように見える凝視を見つめているのを見ました、そして、突然彼女は当惑しました。咲希は彼女の視線を見ました、そして、それは彼女が彼女の腕に彼女を食べたくないほど暑かったです!しかし、それでも、琉生はちょっと恥ずかしがり屋を感じ、そして咲希のパフォーマンスのために恐れなかった!

「いいね!あなたはとても美しいです!」
颯真が入った後、咲希は颯真を見て口を開けました。彼女が好きな女性にとって、彼女は自分自身を賞賛してはいけません!さらに、彼が今言っていることは大きな真実ですあなたが本当に何も言わないならば、あなたはまだ少しパニックを感じます!颯真は咲希に見られたとき少し緊張し、咲希の言葉を聞くとすぐに顔を赤らめ、彼女をより明るく見せました。元颯真がそのような称賛を聞いたならば、彼は直接答えるかもしれません。
「あなたは何のことをいっているのですか!」

しかし、彼の目の前にいるのは咲希で、これも咲希であり、その場合、颯真はそれについて何も言うことはできません。
行こう!
咲希はまた颯真の恥を見たので、もし彼が去りたいと言っていなければ、颯真はそうすることができたのかもしれません。

彼女は少し緊張し

彼は男の目から逃げませんでした。実際、咲希は長い間言葉を話すことができなかった女性を嫌っていました、しかし今颯真は彼の前に立っているので、彼はただの喜びに満ちた感じがするのです!人があなたを好きではないとき、あなたはさらに間違って呼吸しているかもしれないと言うことわざがあります!しかし、人があなたを好きなとき、多分あなたはあなたの鼻を掘る、彼は素晴らしい気分になるでしょう!飲み込んで、私は咲希のオープニングを聞きました、颯真は同意するには忙しすぎました、そして私の心は少しリラックスしていました。
しかし、咲希は彼女を彼女のところへ連れて行きたいと思っていて、彼女はこのようにここに立っていました。実際、咲希の今日のアレンジは非常に単純ですが、彼はカップルをデートしているときに彼が通常することをするために颯真を連れて行きたいだけです!それは非常に単純な問題ですが、咲希の中心部では、彼と颯真は親密なデートをしているようです!そのようなこと、しかし彼は前に想像することをあえてしませんでした!最後の夜のイベントがなかったとしても、咲希はそのような決断をすることを必ずしも敢えてしないでしょう!


私たちは何をするつもりですか?
車は徐々に減速し、颯真の感情は次第に回復しましたが、当然のことながら、咲希でさえ恥ずかしい思いをしています。私は咲希に彼らが今日何をしているのかと尋ねなかったが、彼らはもうすぐそこにいるようだ。そしてモールの正面玄関を見て、それはそのような公共の場所です!咲希と一緒に彼女をショッピングモールに連れて行きたくありません。これはあまりにも無理です!
まず映画に行きましょう
咲希は微笑んで婚約者の拓真の頭に尋ね、彼が終わった後、彼は満足し、そして彼は自分の表現を得たようです。
ハ?映画を見ますか?

彼女が唐紫海が映画に連れて行ってくれるとは思わなかったかのように、颯真は驚いて見えました!私はとても驚いたので、咲希さえそれを理解せずに彼女の頭に触れた!それとも私はそれに気づいたが、今では彼女はもうそれを取ることができない!彼女は、咲希が奇妙な場所に連れて行って奇妙なことをするかどうかについても考えました。これは明らかにデートの後に普通の小さなカップルがすることです!こんにちは、日付?それは彼女が考えたことではないでしょう!


それは却下されることはありません。こんにちは、日付?それは彼女が考えたことではないでしょう!
琉生はそれについて考えて、混乱の一見で咲希を見ました!咲希、そうではありません、はい、いいえです。しかし、咲希は颯真悠真を見て微笑みました彼は説明の意味に反論したくありませんでした。
はい、映画を見て!行こう!
咲希が話し終わった後、彼は即座にバスから降り、颯真への扉を開くために颯真の側に歩いて、そして彼を颯真に連れて行きそしてバスから降りた。行け!


彼は男の目から逃げませんでした。 彼は男の目から逃げませんでした。 男にそのような顔を見ます本当に不快なことは言いません!

8月 25, 2018

タグ: ,