彼女はすでにそれをはっきりと言っていました。

彼女はどのように突然感じましたか。

咲希は颯真に電話をかけたがっていましたが、それでも考えた後、彼はまだこの考えを放棄しました。とにかく、彼は外にいて何も起こりませんでした。さらに、彼が電話に出かけて、重要な時間に颯真を邪魔するならば、彼はおそらくもっと長く待つだけでしょう!しかし、いずれにせよ、琉生の場合、唐紫海は本当に非常に辛抱強いです!彼はかつてそうでしたが、彼は誰かを待つのではなく、女性を待つのは勿論です!しかし、今、人が外に立って、それほど長い間颯真を待つとき、彼はまったく不満を持っていません、そして彼はまだ至る所で颯真について考えています!そのような唐家界に直面して、琉生は彼が移動されていないと述べた、それはまた偽物です!実際、この間、咲希の行動により颯真は咲希に直面してますます柔らかくなりました!
しかし、颯真は彼が咲希に恋をしていないことを非常によく知っています!彼女は彼女に感謝しないでしょう、彼女は彼女の感情と感謝の間に、彼女はまだ明確に分けることができます、唐志と一緒になります!幸いなことに、この時間の間に、唐結衣は彼女を強制していない、これはまた颯真を非常に満足させる場所です!急いでいませんか。いいえ、彼は急いでいます!
彼は常に颯真との関係を判断できるようにしたいのですが、彼が颯真を強制することができないことも非常にはっきりしていません。一瞬で消えることもあります。その場合、咲希はとにかくそれを見たくありませんでした!最初に出発しましょう。颯真は自分の体にますます集中することができます彼女と咲希はどこでも話すことができます、そして彼女はここに立って他の人にドラマを見せたくありません!

じゃあ、バスに乗りなさい

唐結衣は彼が横になって副操縦士の位置に歩き、颯真のためのドアを開け、そして颯真が座るのを見た後まで、彼のためにドアを閉め、彼の運転位置に戻って歩いたと言った。バスに乗った後、颯真はほっとしましたが、結局のところ、多くの人々に見つめられるのは本当に不快でした!琉生はついに彼らが一緒にいたとき女と男の圧力が、女と比較して、私は怖いことを理解しました、彼女はすでにずっと良くなっています!私が最初に咲希の車に座ったとき、颯真はまだいくらかぎこちなさを持っていました、結局のところ、咲希の車は確かに少しあまりにも知名度が高すぎました!
 

花嫁のムードも大幅に改善されたので葵の心を見てみると

その後、琉生も唐結衣の前に唾を吐くが、唐結衣は文を言ったとき、この車はすでに自分の車の中で最低の音色である、琉生は完全に何も言いたくない!最下位車はすでにこんな風になっていますが、咲希が最上位車をオープンしたらどうでしょうか。最初は少々ぎこちないですが、颯真は咲希に彼自身の理由で車を買わせることはできませんでしたが、その場合、彼女は少し感情的すぎるようです!しかし、徐々にこれは数回降りてきた、颯真は彼が多くに慣れてきたと感じています!案の定、人々の適応能力は非常に強いのです。たとえそれが最初は適切ではなかったとしても、あなたがそれにある程度の時間を与えてそれを数回適応させるならば、あなたはそれを適応させることができません!
どこへ行くの?
颯真は、咲希がすでに車を運転していたことを確認しましたが、どこへ行くべきかを彼女には伝えませんでした。
最近では、毎日来たわけではありませんでしたが、ほぼ1〜2日後に、咲希が彼女を食事やその他の活動に連れて行くたびに1回訪れます。。当初、蘇家結婚相手のにはいくつかの心配がありましたが、その頃から唐紫海は彼女に過度の要求をすることは決してせず、また彼女に悪い振る舞いをすることもしませんでした。行こう。咲希との関係はますます自然になってきましたが、たとえ私の心に何かがあったとしても、咲希を直接見ることができます。このステップを実行することはそれほど簡単ではありません。琉生は今、彼女は咲希の防衛が解除されたことを恐れていることを知っています。しかし、ラオはこのようなものです、そして残りの半分は唐紫海を手放すことはそれほど簡単ではありません。
「あなたをある場所に連れて行ってください、あなたは後でそれを知るでしょう!」

咲希は、颯真が笑顔で言ったと述べ、彼女に直接答えを伝えるつもりはないと述べました。颯真は、咲希が今は彼女に話そうとしていないことを知り、彼は尋ね続けませんでした。とにかく、唐結衣はまたそれまでに、彼女は自然に知っていると言った、そうではありません!

「あなたはどこで私をここに連れて来ますか?」
颯真が車から降りた後、彼は彼の前の建物を見て、驚きの表情で咲希を振り返った。
行って、入って、見てください!
咲希は颯真悠真を見て微笑み、彼は正面を指差して颯真に身振りで示すと、彼らは急いで行きました。琉生の顔の驚きの色は消えていません、しかし、彼は咲希に続いて、そして歩き始めました。

結婚式のシーンだけでなく

私の目の前の建物は一見するととてもきれいでしたが、これは颯真の驚きの焦点ではなく、彼女が彼の前の建物の前に大きな看板を見たので彼女はとても驚きました。彼女のお気に入りの書道家の書道展であることがわかりました!咲希はどうやってここに彼女を連れてくることができますか?それとも、この書家が彼女を好きであることを咲希はどのように知ることができますか?

「あなた、どうやってあなたは知っていますか?」
颯真は彼が前に歩いたと同時に咲希を見ました、そして驚きの表情で咲希を見ました。


そんなに興奮してはいけない、
どうやって知ってる?
颯真は彼が前に歩いたと同時に咲希を見ました、そして驚きの表情で咲希を見ました。咲希とおしゃべりをしていたとき、彼女はこのことについて話しましたか?しかし、どのように彼女は印象がないようですか?彼女は本当にそれを言ったの?咲希は驚いた颯真を見て、笑って手を伸ばして颯真の頭に触れた。

行こう、もう終わりだ
その後、咲希は当然颯真の小さな手を取り、正面に向かって歩いた。はい、それは琉生の手を握っています、そして琉生は脱走しませんでした。颯真が咲希の手は咲希の言葉に正当化されたからといって認めたわけではなく、その後、彼女は現時点では反応しなかったので、咲希が直接主導しました。行って行きます。

颯真がついに反応したとき、彼はすでに咲希による書道展覧会の会場に連れて行かれましたが、颯真は他の考えを持っていませんでした。颯真の前の書道の出現で、咲希は颯真の手を取って自然に解放されました。咲希は、颯真がゆるめた頭を見下ろし、すでに正面に向かって急いで書道に向かって急いでいた颯真を見上げて笑った。両手を握りしめたところで、咲希は颯真の香りを感じることができるようです。しかし、今日の近さはこの時以来大きな前進です。
さらに、颯真が書道によってターゲットに移されたのも良いことですが、少なくとも颯真は密かに彼女の手を握っているという問題を追求する心を持っていませんでした!私は知りません、彼がいつ颯真の小さな手を正当に導くことができるでしょう!咲希の心は非常に期待しています、そして同時に、彼は密かにこの目標を設定しました!颯真が徐々に彼から遠ざかっていくのを見て、咲希は急いで急いで颯真がいる位置に向かって歩いた。
「うわー、私が前にインターネットで見たこの書道は、今日ここでオリジナルを見ることを期待していなかった!私のアイドル、結婚相手の.愛梨は本当に素晴らしい!」


AI-Dog運用方法 彼女は新郎の出来事を主張できなかった。 信じられないほどの答えさえ彼女の心に浮かんできましたが